巻き爪治療
img「巻き爪」「陥入爪」でお悩みの方

爪が巻いてしまう「巻き爪」や、爪の角が肉に食い込み、炎症を起こし、痛みを伴う「陥入爪」で悩んでいる方が沢山いらっしゃいます。そうした症状に対して、爪を切ったり、抜爪などの処置がよく行われます。しかし、一時的に症状は和らぎますが、爪が伸びてくると、再度巻き爪になったり、前より爪が食い込む結果になります。

「つかさクリニック」では、以下のような治療法で、なるべく爪を切らない、治療を行っています。

  1. コットン・パッキング法
  2. 軽度の陥入爪に対しては、肉に刺さった爪の角に、米粒ほどに丸めた綿花を挿入します。肉が下に押されて爪が刺さらなくなり、痛みが取れます。入浴も可能です。軽度の陥入爪はコットン・パッキング法だけでも、改善します。

  3. 弾性ワイヤー矯正 →詳しくはこちら
  4. 形状記憶合金のワイヤーを用いて、爪の矯正をする方法です。爪の先端に穴を2つあけ、ワイヤーを挿入します。ワイヤーが伸びる力を利用して、巻き爪を矯正します。装着時に痛みはなく、入浴・運動制限もありません。

  5. VHO法 →詳しくはこちら
  6. 専用のワイヤーを爪の左右に引っかけて、フックで巻き上げ、爪を矯正する方法です。弾性ワイヤーと違って、爪が伸びていなくても、装着できます。ワイヤーは爪が伸びるとともに、前方に移動するため、3〜4ヶ月ごとに付け替えます。装着時に痛みはなく、入浴・運動制限もありません。

    VHO法








  7. ガーター法
  8. 爪を深く切ってしまった場合、爪が伸びてきても、肉に当たって、炎症を起こしてしまいます。爪が肉に刺さらないように、爪にチューブをあて、チューブに沿って爪が伸びてくるようにします。

    治療には、保険の効くものと、効かないものがあります。爪の状態をみて、治療方針は、ご相談させていただきますので、「巻き爪」「陥入爪」でお悩みの方は、まずは、爪を切らずに、受診してください。

 巻 き 爪 治 療
 VHO 10,500円
 弾性ワイヤー 6,300円